通信制高校を卒業するのは簡単ではない

課外活動の単位が取れないと卒業を認めてもらえない

まずは必須科目の単位取得になります。
各教科ごとに科目や単位数が決まっているので、それを取得する必要があります。
例えば社会の中では世界史は誰もが採らなければならない必須科目です。
一方日本史と地理はどちらかのみを取ればいい選択科目になります。
あまり社会が好きでない人は必須科目や必須単位のみ取ればいいでしょう。
さらに必要なのが総単位数のクリアです。
必須科目を取得した上で、一定の単位数になるように科目を取る必要があります。
これらの単位を取るには、日頃の勉強とレポート提出、スクーリングにおける評価、さらには単位取得のためのテストの合格が必要になります。
教科の単位が取れればそれで終わりと思いがちですが、別途課外活動の参加が必要になります。
一般の学校でも遠足や体育祭、文化祭、修学旅行などの課外活動があります。
すべてに参加する必要はありませんが、これらの一部に参加して課外活動における出席の単位を取る必要があります。
修学旅行などだと、数名で旅行をするなどもあるようです。
自分が参加できるものに早めに参加しておくと良いでしょう。
せっかく勉強の単位は取れていても、課外活動の単位が取れないと卒業を認めてもらえません。

通信制高校は受験はないが作文などの提出が必要通信制高校において卒業をするには何が必要か課外活動の単位が取れないと卒業を認めてもらえない

通信制高校 | 通信制高校ならKTCおおぞら高等学院