通信制高校を卒業するのは簡単ではない

通信制高校は受験はないが作文などの提出が必要

通信制高校通信制高校ならKTCおおぞら高等学院

通信制高校は受験はないが作文などの提出が必要通信制高校において卒業をするには何が必要か課外活動の単位が取れないと卒業を認めてもらえない

中学を卒業すると、多くの人は高校に進学をします。
高校は義務教育でないため、何らかの形で学力に応じた学校を選択します。
中学まで公立の学校だった人は初めて高校受験をするでしょう。
受験をして合格したなら一応はその学校の授業についていけるとの判断がされます。
その他中学進学時に受験をしている人は、中高一貫校であれば受験の必要はありません。
この人も中学受験の時にその学校の授業についていける学力があるとされているので、普通に勉強していれば入学して勉強ができるでしょう。
公立の小学校や中学校は、全国的に同じようなペースで同じように授業が行われます。
それに対して高校はそれぞれの学校によって授業の進め方やスピードが異なります。
学力に合わない学校には行ってしまうと授業についていけなくなるなどがありますが、一応受験を経験している人ばかりなのでその問題は少ないとされます。
では通信制高校はどうなっているかです。
一応勉強したい学校に申し込みを行い、一定の手続きを行います。
受験まではないものの、作文などの提出が必要になります。

京都府の『私立高等学校あんしん修学支援制度』の対象校です。

京都美山高等学校 京都 通信制 高校
★国の『高等学校等就学支援金』の支給対象校
京都美山高校のインターネット学習は操作が簡単です。

 https://t.co/snMrCqtZNb

— 京都美山高等学校数学科担当2 (@osakasugaku) 2018年5月20日